▲ページTOPへ

HOME > ニュース&トピックス

ニュース&トピックス

長崎角栄さんの時津ライブが開催されました。

2019年2月25日10時より、野田郷ふれあい館において、今、話題の漫談士 長崎角栄さんの講演会「健康漫談“笑いは元気の源”」が開催されました。会場には、高齢者の方を中心に約50名の皆さんが参加されました。

長崎角栄さんは、田中角栄元首相のものまねをされる方で、笑いと健康を面白く皆さんに伝えています。当日は、自虐ネタをはじめとした笑いの連続で、聴衆の皆さんの笑い声が館内に響きました。

また、美空ひばりや森進一のものまねを披露され、「リンゴ追分」など、その歌声に拍手が寄せられました。健康で長生きする秘訣は、“すべてにストレスをためないこと”だそうなので、自分の趣味や生きがいを持ち、これからの人生を楽しく過ごすことの大切さを、改めて教えていただきました。

▼会場の様子

▼熱心に話を聞かれるみなさん

▼大きな扇子が皆さんの関心を惹いていました。

▼健康について話をされる長崎角栄さん

長崎外国語大学留学生のみなさんによる餅つきイベントが催されました。

2018年12月15日10時より、野田郷ふれあい館前駐車場において、時津町国際交流協会が主催する長崎外国語大学留学生のみなさんによる餅つきイベントが開催されました。

毎年開催していますが、今回は、中国やアメリカなど、26名の留学生が参加してくれました。主催者の挨拶で始まり、いよいよ餅つきの始まりです。まずは関係者がお手本を見せ、炊きあがった餅米をうすに移し、杵で捏ねてから留学生のみなさんそれぞれが餅つきにチャレンジです。最初はぎこちなかったのが、回数を重ねるごとに上手になり、見事な餅がつけました。

できあがった餅は、留学生自らであんを入れ、丸めてあん餅に作り上げました。ちょっとカタチのおかしいものもありますが、それはご愛敬ですね。つきたての杵付餅を美味しくいただきました。

その後、焼きそばや焼き肉を美味しくいただき、思い思いの時間を過ごすことができました。みなさん貴重な体験とともに、楽しい交流の場となり、とても喜ばれていたようです。

▼国際交流協会新井代表の挨拶

▼炊きあがった餅米を捏ねていきます。初めて観る光景をカメラに収めていますね。

▼関係者がお手本を見せます

▼留学生のみなさんによる餅つき①

▼留学生のみなさんによる餅つき②

▼アドバイスを受けながら、つきあがった餅を丸めていきます。

▼つきたてのお餅をいただきます。おいしーい!!

ふれあい館にて防災士による防災講話が開催されました。

2018年11月23日10時より、野田郷ふれあい館およびカナリーホール第3駐車場において、防災士による防災講話が開催されました。この催しは、野田郷および浦郷4つの自治会と合同での開催となり、近年多発する自然災害に対する関心の高さからか、約100名近くと、多くの方が参加されました。

講話の他、九州北部豪雨など、被災地の写真展、また、自衛隊、警察署、消防団関係者の参加、挨拶があり、それとともに、実際の車両の展示がありました。

講話では、自主防災組織の現状と課題についての説明や、実際災害が発生した際の避難方法など、体験も踏まえた具体的なお話があり、大変有意義な内容となりました。

車両展示では、大村駐屯地より救護車(救急車)、時津警察署よりパトカー、野田消防団より消防自動車が展示され、普段目にすることのない車両内部などの説明を受けることができました。

▼講話会の様子

▼各浦郷自治会長の挨拶

▼防災士による講話

▼自衛隊長崎地方協力本部琴海地域事務所より隊員募集の案内

▼自衛隊など車両の展示

▼自衛隊車両の内部を公開。

▼パトカーと消防自動車も展示されました。

野田郷にもあの尾畠春夫さんが!?

2018年8月、山口県で行方不明になった2歳児を救出し、一躍全国区となったスーパーボランティアの尾畠春夫さんですが、野田郷にも尾畠春夫さんに似た、石碑が建っていました。

尾畠春夫さんと言えば、幼児救出で注目を集めましたが、既に2011年東北大震災時から活動され、スーパーボランティアとして、その名は知られていたようです。

彼の風貌の特長の一つが鉢巻ですが、その鉢巻をした“野田の尾畠春夫”さんの石像が、小野田誠さん宅の庭に鎮座されています。その案内標識は、最近設置されたようですが、見れば見るほど、ねじりはちまきをした尾畠春夫さんにそっくりなようですね(笑)近くを通られた際は、ぜひご覧ください。

画像出展:尾畠春夫さんファンクラブtwitter

▼野田の尾畠春夫さん

▼とっくりも置かれていますね。(本人は現在お酒は飲まなれていないそうです)

平成30年度町民体育祭が催されました。

10月7日(日)、晴天のもと、平成30年度町民体育祭が海と緑の運動公園にて開催されました。台風25号の影響で開催が危ぶまれましたが、前日には台風も去り、30分時間を繰り下げ、無事開催の運びとなりました。

当日は、町内10地区18チームによる熱戦が繰り広げられました。野田チームは、公民館体育部を中心に準備され、上位入賞を窺うよう、事前練習などで、チーム作りをされました。その成果もあり、3つの競技で1位になるなど、過去にない3位という輝かしい成績を収めることができました。

▼開会式の様子

▼2位となった野田チームの綱引き

▼野田チームの勝利~!!

▼女子リレーの力走です。

▼男女20名による玉入れ競技です

▼うまく狙ってかごに入れてね!

▼さて玉入れの結果は!?

▼野田郷の旗が青空の下、はためいています。

▼野田郷チーム ムカデ競争の様子です。

▼小学生による「ザ・なわとび」です。高学年は高く飛んでいますね。

▼低学年のなわとびです。上手にジャンプしてますね!

平成30年度 野田郷敬老会が催されました。

去る9月16日(日)、平成30年度野田郷敬老会がふれあい館にて開催されました。晴天の元、各地区から多くの方が出席されました。自治会長、来賓の挨拶に続き、副会長による乾杯発声の後、祝宴会が行なわれました。

また、傘寿、米寿を迎えられた方たちへの金一封の贈呈式がありました。おめでとうございます。

舞台上では、ふれあい館を利用される団体などの余興があり、美女一座のお笑い演劇や舞踊、フラダンスなどが披露され、和やかなひとときを過ごされました。

▼下の画像をクリックすると拡大します。

野田保育園 平成30年度 運動会が催されました。

去る9月8日(土)、平成30年度野田保育園さんの運動会が時津小学校体育館にて開催されました。4-5歳児みなさんによる勇壮なマーチングバンドで始まり、0歳児から5歳児までの元気な子供たちが練習の成果を披露してくれました。

当日は、子供たちの演技はもちろん、親と子のふれあいシーンがたくさんあった運動会でした。

▼マーチングバンドの様子①

▼マーチングバンドの様子②

▼組み体操を披露してくれました。

▼見事な組み体操です!

平成30年度 第46回時津町ペーロン大会が催されました。

去る7月15日(日)、平成30年度第46回時津町ペーロン大会が晴天の中開催されました。町内から10のチームが参加し、熱戦が繰り広げられました。野田郷からも舵取りや、太鼓、銅鑼の選手を含む漕ぎ手精鋭メンバーによるチームが結成され、4レースに亘って見事な走りを見せてくれました。

また、アトラクションとして子供ペーロンがあり、野田子供会は見事2位という好成績を残してくれました。当日は、郷民の方たちがたくさん応援に駆けつけ、選手たちを奮い立たせる声援を送ってくれました。

▼大会当日ふれあい館前での記念撮影です。

▼下の画像をクリックすると拡大します。

野田伝統芸能が披露されました。

平成30年度野田郷運動会において、お昼休みを利用して野田伝統芸能である傘鉾踊りと、黒丸踊りが披露されました。まずは、黒丸踊りが披露されました。女性を中心に踊られ、その後を子供たちが踊ってくれました。世代をまたぎ、こうした伝統芸能が次の世代へと引き継がれる様子が見られ、とても感慨深いものとなりました。囃子太鼓は山口さんが務められました。

次に傘鉾踊りです。なかなか披露する機会がありませんが、今年は野田郷運動会でも披露していただきました。保存会川尻さんや田中さんたちが中心となり、重さ約100キロの傘鉾を持ち上げ、その踊りを見せてくれました。

運動会でこのような踊りを観ることができたことに、感謝ですね。

▼黒丸踊りを披露されるみなさんです。

▼子供たちも輪に入り、上手に踊ってくれました。

▼太鼓の踊りも勇壮です。

▼傘鉾の登場です。

▼先導役が導いています。

▼傘鉾を回しています。

平成30年度野田郷運動会が開催されました。

6月17日日曜日、毎年恒例となっている、平成30年度野田郷運動会が時津小学校体育館で行なわれました。今年度からは天候に関係なく体育館での開催となりました。

今年も5つの地区より多くの方に参加していただき、小さなお子さんからシニアの方まで大きな歓声が体育館に響き渡りました。学校前、峰、下野田、原尾、山口と5つの地区で各競技を行ない、順位別に獲得した点数で優勝を狙います。

今年は、午前の部終了までに、何と5地区とも同点という大接戦になり、午後からの対抗リレーで勝敗が決するという、過去にない盛り上がりを見せました。

運動会運営に携わっていただいた、自治会公民館スタッフのみなさん、楽しい1日を提供していただき、大変ありがとうございました。

▼開会式の模様です。

▼玉入れです。何個入るかな!?

▼野田のハンサムさんをさがしています!

▼縄跳びをがんばっています!

▼宝釣り競争です。みなさん真剣です!

カモたち4羽が野田郷の水田でのんびり過ごしています。

山口地区溝上さん所有の水田で、カモたちが現在住み着いています。カモは全部で4羽。マガモのオス一羽と、カルガモ三羽の計四羽です。野田郷に残る最後の田んぼとなっているのを、知ってか知らずか、4羽の鴨たちはのんびりと2つの水田をそれぞれ棲み分けあって泳いで(生活)しているようです。

マガモのオスは、緑色の頭が大きな特徴で、とてもきれいなので、カモの代表的なイメージがあります。冬鳥として日本各地の水辺に飛来し、ロシアなどのユーラシア大陸に多く生息しています。春になっても居続けるのは、よほどカルガモたちと仲が良くなったのか、餌が豊富にあるのかもしれませんね。

カルガモは、くちばしの後ろのラインが特徴で、日本各地で観られます。都心でもカルガモ親子が道路を横切る姿がニュースなどで取り上げられたりするので、ご存じの方もいるかと思います。いつまで住み続けるのかは分かりませんが、一度野田郷のカモたちをごらんください。
※近くに行くと警戒するので、遠目から観てやってくださいね。

▼頭が緑色のきれいなマガモの雄です。

▼カルガモ三羽がのんびりと過ごしています。

野田保育園卒園式が執り行われました。

3月17日、野田保育園さんで、平成29年度第38回卒園式が執り行われました。今年度は男の子10名、女の子4名の計14名が巣立っていきました。それぞれ一人ずつ、卒園証書を園長先生より授与され、全員しっかりした動作で受け取っていきました。

卒園生、そして在園生それぞれが、大きな声でお別れの歌を披露してくれました。最後は、在園生が花のアーチを作り、卒園生を送り出してくれました。

14名のよい子のみなさん、卒園おめでとうございます!

桜のつぼみも一気にほころびました!

今週に入り、気温が上昇し、20度を超え、春が一気に来ようとしています。野田文化の森を散策すると、桜の木の枝から、つぼみが顔を覗かせ、ほころびが始まっているようです。

今年は1~2月が特に寒かったせいか、桜の開花は遅れそうとの予想でしたが、福岡での開花予報は3月17日となっており、長崎もその頃に開花しそうですね。

▼文化の森公園展望台A付近の桜の木です。

▼長崎市内から友だち同士で遊びに来てくれた子供たちです。。

▼つぼみも膨らんでいます。

春の息吹があちこちに…梅の花が満開となりました。

3月に入り、ようやく気温も上がり日一日と春の訪れを感じるようになりました。市場に行くとデコポンやスウィートスプリングスなど、春の柑橘類も顔を出すようになりました。

野田郷のあちらこちらにも、花たちが春を待ちきれんと、咲き始めていますね。この時期を代表するのが梅の花です。下野田の小野田誠さんちにある梅の木の花も満開となっています。

梅の花は、白梅と紅梅がありますが、見事なしだれの紅梅が咲き誇り、観る人へ春の訪れを告げているようです。見頃はあとわずかとなっていますので、お近くを通られたらぜひご覧ください。

▼見事な紅梅が咲いています。

▼お馴染みのタバコをくわえた岩のそばです。

▼しだれ梅ですね。

平成29年度 三世代交流グランドゴルフ大会開催

2月18日、平成29年度野田自治公民館主催による「三世代交流グランドゴルフ大会」が時津小学校グランドを会場として行われました。当日は快晴のもと、シニア世代から小さいお子さんまで、親子参加を含め、多くのみなさんが参加されました。

4人一組で合計16ホールを回り、打数を競いました。グランドゴルフは、ゴルフと同様、ホールポストまでいかに少ない打数で回るかを競うゲームです。50m、30m、25m、15m距離の各2ホールずつ、計8ホールが標準コースとなっています。中には、見事1打目でホールポストに入るという、ホールインワンをされる方もあり、日ごろの腕を発揮されていました。

全試合終了後には、アトラクションとしてニアピンゲームも行われました。晴天のもと、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒にプレイする子供たちの姿も観られ、楽しいひとときを過ごすことができました。

▼開会式の模様です。

▼試合開始前の始球式です。

▼大会の模様です。

▼試合終了後における表彰式の模様です。

▼下の画像をクリックすると拡大します。

時津町文化祭に野田保育園園児の作品を出品

去る10月26日(木)から30日(月)にかけて、2017年 第46回時津町文化祭が行われました。作品展・生け花展会場となったコスモス会館には、野田保育園園児のみなさんの作品が出品・展示されました。

作品はペットボトルのキャップをそれぞれ色別に分け、クラスの名前にちなんで、大きなひまわりのカタチに作った『キャップでおえかき』。
そして10月におでかけした県民の森で、木をつかって作った『木のおもちゃ』です。ドングリや小枝、松ぼっくりなどを用いて作った似顔絵と、各自が思いおもいの色で描いた木のくるまたちです。とっても上手にできましたね。

▼カラフルで大きな作品となった『キャップでおえかき』

▼『木のおもちゃ』の木のくるま

▼『木のおもちゃ』の似顔絵

野田郷の休耕地で渡り鳥が観測されました。

先日、渡り鳥のアオサギ(青鷺)が野田郷の休耕地で観測されました。アオサギは、アフリカ大陸やユーラシア大陸南部などで周年観られ、日本でも本州、四国で周年生息しています。

秋から冬にかけて、越冬のため九州に飛来してくるそうで、近年個体数が増えているということです。長崎県でもこの時期に観られるそうで、体長は90㎝前後で、サギの仲間では一番大きいそうですよ。

撮影したサギは一羽のみで、成長は頭の後ろに黒色の冠羽の飾りがあるのが特徴ですが、まだ若鳥らしく首の色も灰色がかっていました。恐らく群れにはぐれて野田の里へ舞い降りたのでは...?

餌をついばみながら暫く羽を休めていましたが、数時間後には飛び立っていきました。
野田郷ではまだまだ自然が多く、このような風景が観られるようですね。

▼辺りを見回しています。

▼移動しながら餌を探しています。

時津町町民体育祭が開催され野田郷チームも参加しました。

去る10月1日、平成29年度町民体育祭が海と緑の運動公園にて開催されました。野田郷チームは、小中学生のリレーから活躍し、高齢者輪投げ、綱引き競争で見事1位となり、得点を稼ぎ出しました。そして、最終順位が5位と昨年7位から順位を伸ばし、見事躍進賞を獲得することができました。

野田郷各チームは、熱心な事前練習に取り組んだことが好結果に繋がったようでした。おめでとうございます。

▼玉入れの様子

▼見事1位を獲得された輪投げチームです。

▼今年はこんなTシャツが!

▼バカボンのパパとママも応援してます!

平成29年度 野田郷敬老会が行われました。

9月18日、平成29年度敬老会が野田郷ふれあい館で開催されました。台風18号接近により開催が危ぶまれましたが、台風一過の快晴のもと、無事に行われました。

当日は吉田時津町長をはじめ、国会議員、県会議員、町議会議員などの来賓の方々、そして出席いただいた約130名の高齢者のみなさんにより、盛大に催されました。

主催者である野田郷自治会佐々野会長の挨拶、吉田町長の来賓挨拶に続き、米寿および傘寿を迎えられた方へお祝い金の贈呈がありました。また、招待を受けた野田郷高齢者代表として、下野田地区在住の田端さんによる謝辞がありました。そして、石橋副会長による乾杯音頭のあと、祝宴が始まりました。

余興の部では、野田民謡会のみなさんによる「花の元就」、四つ葉会のみなさん、芳都絵会のみなさんによる踊りが披露されました。次に毎年恒例となっている美女一座によるお笑い演劇、アロハ・リリ・ナリのみなさんによるハワイアンダンス。富山セイコさんによる舞踊が披露されました。そして、ふれあい館を練習会場としている挙志道クラブのみなさんによる空手演舞を披露。最後は山口地区在住の長岡敏範さんによる相撲甚句と、野田郷ふるさと音頭が初めて披露されました。

▼下の画像をクリックすると拡大します。

野田保育園運動会が行われました。

9月10日、野田郷地区にある野田保育園第38回目の運動会が時津小学校体育館で催されました。当日は、保育園園児と卒園した子供たち、そして野田シニアクラブ原野会の人たちも参加し、15のプログラムが行われました。

4、5歳児の見事な組み体操、練習を積んできた鼓隊のパレード、親子競技など、0歳児から5歳児までの園児たちが、それぞれの種目をいっしょうけんめいがんばってくれました。

▼開会式の入場行進です。

▼元気に行進しています。

▼高い!たかーい!

▼カワイイお遊戯です。

▼鼓隊の見事な演奏でした。

時津町ペーロン大会が行われました。-野田郷は躍進賞を受賞!

7月16日、第45回時津町ペーロン大会が第七工区護岸ペーロン大会コースにて行われました。野田郷チームはBチームの部で4つのレースに参加しました。第1レースは最初の緊張からか、スタートでやや躓き4位と出遅れましたが、第2レースは見事2位に!第3レース、第4レースも健闘し3位という成績でした。いずれもアト1こぎで上位になるというきわどいものでした。

今回の活躍により、躍進賞をいただき、賞状とトロフィが授与されました。

選手たちは約1ヵ月間の練習に耐え、今回の活躍となりました。おめでとうございます。

▼ペーロン大会当日朝、公民館に集合したメンバーです。

▼下の画像をクリックすると拡大します。

以下の画像は峰地区の中野さんが撮影されました。
▼下の画像をクリックすると拡大します。

野田郷のペーロン練習5日目

海上練習が5日目に入りました。この日は定員数には届きませんでしたが、力強い櫂のこぎを見せ、太鼓や銅鑼の音に合わせ疾走していきました。

▼周りが暗くなり、ライトを照らしながらの伴走です。